就職率が大切です

ヘリコプターの操縦士を仕事にするのであれば国家試験である事業用操縦士免許が必要不可欠となります。実はこの免許を取るためには、1000万円以上も費用がかかるのを知っていますか?決して遊びでは通うことができないほど手が出せない金額だと思います。それを考えて真剣にスクールを決めましょう。

ポイントは飛行訓練時の無事故、ヘリコプターの整備にもしっかりと取り組んでいるかについては重要です。またパイロットを仕事にするのであれば、そのスクールからどれだけの就職率があるのか実績については確認をしましょう。どのような就職先なのかにより、もしかしたら自分が希望している例えば、公務員パイロットの道にはほど遠いこともあるでしょう。

就職率を調べてみたけれども、はっきりとしたデータを見せてくれない、ウェブサイトにも掲載されていない場合には、聞くまでもなくそのスクールで学ぶことは遠慮しましょう。高い授業料だけで国家試験への合格率も低い、就職率もわからないようであれば、時間もお金も無駄になってしまいます。

最後に、ヘリコプターの操縦士になるための初期費用は、事業用操縦士免許と自家用操縦士免許で2000万円近いとも言われています。しかし、プロのパイロットとなり就職することができれば、年収は1000万円が平均であると言われています。2,3年すれば高かった授業料も手元に戻ることでしょう。夢への一歩を大きく羽ばたいてみませんか?

パイロットを仕事にする

ヘリ
画像出典 {Alpha Aviation:ヘリコプター免許取得}

将来の夢は、ヘリコプターのパイロットになりドクターヘリを操縦して多くの人命を救いたいですという希望があるのであれば、事業用操縦士免許を取得しなければ就職することは不可能です。この免許を取るためには、満18歳以上であること、高等学校を既に卒業していることが条件となります。空や風にも詳しくなければプロとしては失格ですので気象学などの学科試験も必須でしょう。

実地試験では、飛行距離や飛行時間についてもかなりのものを要求されますので、できるだけ自家用操縦士免許で飛行訓練をしておくと操縦にもなれてくるので免許取得に有利でしょう。事業用操縦士免許は国家試験です。それなりに要求される内容も多いですし、真剣に取り組まなければ合格することは難しいと言えるでしょう。

それでは、どのような操縦士スクールを選ぶといいのでしょう。どのような学校でも免許取得だけではなく、卒業後の就職率についてもしっかりと打ち出していますのでスクール選びは真剣に選ぶべきでしょう。それだけではありません。ヘリコプターの操縦を誤れば死亡事故に繋がります。今までの授業中にそのような事故が起きていないかも調べてみましょう。

大きな風が吹けば操縦不能になることもあるヘリコプターです。自分自身の安全のためにもスクール選びは慎重に行いましょう。

ヘリコプターの操縦士

ヘリコプターの操縦免許を取るのは、ジャンボジェット機の免許よりかは簡単なのかもしれませんが、操縦免許を取得するためには、高額な費用と時間もかかります。もちろん、日本国内にある免許取得センターに通うことができれば、日本語も通じますし自分自身が何よりも安心できることでしょう。しかし、これから先もいくつかの操縦免許を取得しなければならない場合には、一層のこと海外に自家用操縦士免許を取りに行くことを考えてみるのもいいでしょう。たとえば、アメリカでしたら日本よりも断然安く取得することが可能です。

アメリカということで、英語は話せないし、難しい内容は理解することができないと大抵の人は悩むでしょう。躊躇するとおもいますが、英語は必要最低限のやり取りだけになりますので心配することはありません。ヘリコプターの操縦に必要な英語は、管制塔や副操縦士とのやり取りがメインです。ここでは決められた言葉でしか話しませんので、思い切ってヘリコプター免許に挑戦してはいかがでしょう。

通常、アメリカなど海外で操縦免許を取得できるのは、「自家用ヘリコプター」の免許になります。この免許であれば、世界中どこにいてもヘリコプターを操縦することは可能です。しかし、プロフェッショナルなヘリコプター操縦士になりたいのであれば、自家用ヘリコプターの免許だけでは仕事に就くことは不可能です。

それではどのような免許が必要になるのでしょうか。それは「事業用操縦士免許」です。