ヘリコプターの操縦士

ヘリコプターの操縦免許を取るのは、ジャンボジェット機の免許よりかは簡単なのかもしれませんが、操縦免許を取得するためには、高額な費用と時間もかかります。もちろん、日本国内にある免許取得センターに通うことができれば、日本語も通じますし自分自身が何よりも安心できることでしょう。しかし、これから先もいくつかの操縦免許を取得しなければならない場合には、一層のこと海外に自家用操縦士免許を取りに行くことを考えてみるのもいいでしょう。たとえば、アメリカでしたら日本よりも断然安く取得することが可能です。

アメリカということで、英語は話せないし、難しい内容は理解することができないと大抵の人は悩むでしょう。躊躇するとおもいますが、英語は必要最低限のやり取りだけになりますので心配することはありません。ヘリコプターの操縦に必要な英語は、管制塔や副操縦士とのやり取りがメインです。ここでは決められた言葉でしか話しませんので、思い切ってヘリコプター免許に挑戦してはいかがでしょう。

通常、アメリカなど海外で操縦免許を取得できるのは、「自家用ヘリコプター」の免許になります。この免許であれば、世界中どこにいてもヘリコプターを操縦することは可能です。しかし、プロフェッショナルなヘリコプター操縦士になりたいのであれば、自家用ヘリコプターの免許だけでは仕事に就くことは不可能です。

それではどのような免許が必要になるのでしょうか。それは「事業用操縦士免許」です。