就職率が大切です

ヘリコプターの操縦士を仕事にするのであれば国家試験である事業用操縦士免許が必要不可欠となります。実はこの免許を取るためには、1000万円以上も費用がかかるのを知っていますか?決して遊びでは通うことができないほど手が出せない金額だと思います。それを考えて真剣にスクールを決めましょう。

ポイントは飛行訓練時の無事故、ヘリコプターの整備にもしっかりと取り組んでいるかについては重要です。またパイロットを仕事にするのであれば、そのスクールからどれだけの就職率があるのか実績については確認をしましょう。どのような就職先なのかにより、もしかしたら自分が希望している例えば、公務員パイロットの道にはほど遠いこともあるでしょう。

就職率を調べてみたけれども、はっきりとしたデータを見せてくれない、ウェブサイトにも掲載されていない場合には、聞くまでもなくそのスクールで学ぶことは遠慮しましょう。高い授業料だけで国家試験への合格率も低い、就職率もわからないようであれば、時間もお金も無駄になってしまいます。

最後に、ヘリコプターの操縦士になるための初期費用は、事業用操縦士免許と自家用操縦士免許で2000万円近いとも言われています。しかし、プロのパイロットとなり就職することができれば、年収は1000万円が平均であると言われています。2,3年すれば高かった授業料も手元に戻ることでしょう。夢への一歩を大きく羽ばたいてみませんか?