パイロットを仕事にする

ヘリ
画像出典 {Alpha Aviation:ヘリコプター免許取得}

将来の夢は、ヘリコプターのパイロットになりドクターヘリを操縦して多くの人命を救いたいですという希望があるのであれば、事業用操縦士免許を取得しなければ就職することは不可能です。この免許を取るためには、満18歳以上であること、高等学校を既に卒業していることが条件となります。空や風にも詳しくなければプロとしては失格ですので気象学などの学科試験も必須でしょう。

実地試験では、飛行距離や飛行時間についてもかなりのものを要求されますので、できるだけ自家用操縦士免許で飛行訓練をしておくと操縦にもなれてくるので免許取得に有利でしょう。事業用操縦士免許は国家試験です。それなりに要求される内容も多いですし、真剣に取り組まなければ合格することは難しいと言えるでしょう。

それでは、どのような操縦士スクールを選ぶといいのでしょう。どのような学校でも免許取得だけではなく、卒業後の就職率についてもしっかりと打ち出していますのでスクール選びは真剣に選ぶべきでしょう。それだけではありません。ヘリコプターの操縦を誤れば死亡事故に繋がります。今までの授業中にそのような事故が起きていないかも調べてみましょう。

大きな風が吹けば操縦不能になることもあるヘリコプターです。自分自身の安全のためにもスクール選びは慎重に行いましょう。